よくあるご質問

■第一種電気工事士定期講習の制度について

Q 第1種電気工事士講習を期限内に受講しないとどうなりますか?
 A 期限内(免状の交付日又は定期講習の受講5年以内)受講しない場合は【違法】となり、電気工事士法第4条第6項の規定により、当該都道府県知事から第一種電気工事士免状の返納を命ぜられることがあり、その場合は第一種電気工事士に掛かる範囲の電気工事はできなくなります。
Q 前回の講習日が分からない
 A 免状の裏面に記載されています。どうしてもご不明な場合、各都道府県の免状申請窓口にお問い合わせください。
Q 5年の期限がまだ切れていないが、講習ができるのか。
 A

期限が切れていなくても、受講できますが、受講した年月からの更新になります。

(例:期限は12月までだが8月に受講した場合、次の期限は5年後の8月になります。)

Q 電気工事士講習会はどの都道府県で受けても良いか?
 A 免状の管轄にかかわらず、全国どこの都道府県でも受けることができます。

ご希望の講習日程がお住まいの都道府県で無い場合、近隣をご利用ください。

Q 前回の定期講習受講日から5年以上を経過しても受講できるか?
 A

定期講習は5年毎に受講することが義務付けられているため、必ず5年以内で受講することが必要です。

但し、省令第9条の8に定める止むを得ない事由がある場合は、5年を過ぎても受講することができます。

この場合は、止むを得ない事由を証する書面を当社宛に提出する必要があります。

止むを得ない事由が無く5年を経過した場合は、違法な状態であると思われますので、可及的速やかに当該講習を受講することをお奨め致します。

Q 婚姻等により第一種電気工事士免状と現在の姓が変わったときはどうするか
 A

申し込みはできます。戸籍謄本などの姓名の変更が出来る書類をご提出ください。


■当社のオンライン・会場講習の受講について

Q 指定の日程以外での講習日はないのか?
 A 指定日以外でも調整が可能です。まずはご相談ください。
Q 講習当日に免状を忘れたらどうなるか?
 A 講習終了後、後日、当社より受講済認定のシールをお送りします。免状に貼付ください。
Q 講習はビデオなどの映像か?
 A オンライン・会場での講習双方とも、映像での講習となります。質問等は当日受け付けた後、後日回答させて頂きます。
Q 受講日当日の持ち物を教えてください
 A

会場で受講される場合、受講当日の携帯品は以下となります。

1)受講票

2)筆記用具

3)第一種電気工事士免状

4)上記、第一種電気工事士免状のコピー(当日提出用)

5)身分証明書(運転免許証、パスポート、社員証(顔写真貼付)など、顔写真の確認出来るもの)

★「講習テキスト」は、当日お配りします。

Q 受講日当日の流れを教えてください
 A

【当日の講習カリキュラム】

 9:40〜    受付開始

 9:55〜10:00 講習についての注意事項

10:00〜12:00 1.保安に関する法令

12:00〜12:30 昼休憩

12:30〜14:30 2.電気工事に関する工事知識

14:30〜14:40 休憩

14:40〜16:40 3.電気工事に関する事故例

16:40〜17:00 免許の返却・ご説明

Q 領収書は発行されますか?
 A

オンライン、会場含め、WEBページからお申し込みの場合、「領収書PDF」が自動で発行されますので、そちらをダウンロード下さい。
電話等でお申し込みの場合、個別に対応いたします。事務局までご連絡ください。

Q 受講終了後の免状への修了記載は?
 A

オンラインの場合

 お申込のご住所に、修了済認定のシールをお送りします。ご自分で貼付ください。

会場での場合

 受付時に免状をお預かりし、講習終了後に係の者が貼付し、返却いたします。

Q オンライン受講の場合ソフトは何ですか?
 A

「Zoom」(またはWebEx等)」を使用したオンライン講習となります。

Q オンライン受講の推奨環境を教えてください。
 A

■PC

・Windows (Windows10以降を推奨)

・MacOS(MacOSX 10.9以降を推奨)

■スマートフォン、タブレット端末など

・Chrome OS(最新版を推奨)

・Android OS(最新版を推奨)

・iOS、iPad OS(最新版を推奨)

 

■通信環境

 通信帯域5Mbps以上推奨

※無線LAN(Wi-Fi)の場合、回線速度が安定せず、音声や画像が途切れる可能性があります。

※有線LANを推奨しております。

 

■必要な周辺機器

●ウェブカメラ

●ヘッドセット(マイク、マイク付イヤフォン)

※どちらも、PCやスマホ、タブレット端末にカメラやマイクが内臓されている場合は不要